八重山アンバサダ事業

地域に興味のある全国の大学生(ゼミ生)に参加して欲しい

石垣島は高校を卒業すると、進学・就職で内地に出る人が沢山します。若い人たちは一旦島を離れますが、30代の前半で島に戻ってくる方も沢山います。この若手が不足する十年余りの空白期間を全国の学生さん達が八重山に訪れて、一時的に若き担い手となって頂ければと思います。

八重山の魅力あふれる自然・文化・伝統などにふれつつ、離島にどうして世代間デバイドがないのかを知って下さい。是非、八重山のおじぃおばぁとの交流を通して、新しい地域創生の形を育めればと思います。皆さんが八重山を訪れて学んだことや感じたことを地元に戻った時にフィードバックして頂ければ幸いです。

2021年度(第1回)は「関西大学」岡田ゼミさんとコラボレーションさせて頂きました。ゼミ生13名が3班に分かれて、「ビデオ班・みんさー織り班・泡盛班」が石垣島で地元の方にレポートした内容を今後それぞれの発表スタイルで取材先石垣島と学生さんの地元に還元してゆきます。

※なお当事業にはゼミ単位/グループ単位でコーディネイト費用が必要となります。研修の詳細につきましてはお問い合わせ下さい。