自然保護部

八重山は大自然が残る貴重な島嶼部です。この地域には独立種の生き物たちが棲息しています。 主な国の天然記念物には「カンムリワシ」「イリオモテヤマネコ」「セマルハコガメ」がいます。他にも独自の希少種がいます。ただ彼らの生きる環境は2013年に「南ぬ島新空港」が出来てから徐々に変わりつつあります。現在はコロナ禍で観光客も減っておりすが、それ以前は過度の受け入れによるオーバーツーリズム状態になっておりました。商業開発やリゾート開発は一定程度は必要かも知れませんが、節語や規定がないのままの乱開発は様々な問題を後世に残しかねません。八重山ラバーズの皆さんにはこの点も是非一緒に注視して頂ければと思います。